短時間睡眠の秘訣

睡眠時間を短くして質の良い睡眠をとる秘訣を教えます

短眠の睡眠障害が治った

2012年7月12日 | 未分類 | コメント非表示

睡眠障害には種類が色々あります。

1番多く有名なのが不眠症といわれる症状です。

寝つきが悪い入眠障害や、夜中に何度も目が覚めてしまう中途覚醒、

眠った気がしない熟睡障害がこれにあたります。

このほかに過眠症と言われる睡眠時間は十分なはずなのに、日中強い眠気が

きてしまう睡眠障害もあります。

なぜ、このようなことがおきるのでしょうか?

多くは、質の良い睡眠をしていないことが考えられます。

睡眠の良くないと言うことは、熟睡が出来ていない状態が続いている事になるからです。

睡眠障害を解決する方法の1つとして、短眠を取り入れてみると言うのも、1つの選択になります。

ではなぜ短眠を取り入れるのが良いのか?

それは、ズバリ!短眠により睡眠の質をあげることができるからです。

短眠は短い睡眠の中に、ノンレム睡眠とレム睡眠のリズムがしっかりとできて、目覚めが良く、

続けることにより体調が良くなっていきます。

もちろん短眠だからと言って、むやみやたらに睡眠時間を削るのものでありません。

短眠にする為に寝る前のリラックス時間や、食事制限等気をつける事などいくつかあります。

そのいくつかとは睡眠スタイルを短くするだけでなく、健康的な暮らしにもなる基本的な事です。

睡眠障害で悩んでいたるようでしたら1度短眠を考えてみてはいかがでしょうか?

睡眠障害まで治す短眠のを実践したい方は、以下より無料のレポートを入手して下さい。

  ↓↓

ゴルフスイング上達
様々なシーンで役立つ左脳速読術
モテない男性必見 恋愛成功の秘訣

1 / 301...51015...最後 »

▲ ページトップへ