短時間睡眠の秘訣

睡眠時間を短くして質の良い睡眠をとる秘訣を教えます

睡眠時間を減らして勉強することに効果はあるのか?

2012年7月8日 6:02 PM | 未分類 | コメント非表示

勉強するときは寝る間も惜しんで勉強するとか良く言いますよね?

睡眠時間を削ってでも勉強することは、はたして効果はあるのでしょうか?

まず、眠りはレム睡眠とノンレム睡眠があります。

レム睡眠は眠りが浅く体だけ休みます。

そして、ノンレム睡眠は深い眠りとなり大脳を休息させます。

睡眠時に人は、90分周期の中でまずはノンレム睡眠があり、次にレム睡眠がきており、

この周期が1晩に何回か繰り返されています。

寝入りにノンレム睡眠がしっかりとあり、深い眠りをとれると細胞が活性化され、

色んな機能が回復されるので、体調が良くなります。

ですが、勉強をする時に必須になる暗記部分は、レム睡眠時に脳に刻みこまれています。

最近良く耳にする短眠睡眠、興味がありますよね?

効率よく睡眠時間が削れるのであれば、その分勉強できるので実践してみたいと言う人が

多いはずです。

上手な短眠睡眠であればお勧めできます。

しかし、いくら短眠睡眠といっても、3時間とか4時間半の短眠は勉強をする人にはお勧めできません!

やはり、ベストは質の良い6時間睡眠です。

しっかりと身体を休むことができ、レム睡眠時には脳が活用されて起きた時に生かされます。

日中眠気が襲ってきた場合は、午後3時ぐらいまでに15分から20分程の仮眠をとる事で効率があがります。

上手に睡眠時間を削って勉強効果をあげてください。

むやみやたらに睡眠時間を削れば良いわけではございません。

上手な短眠を、以下より無料のレポートを入手して実践してください。

  ↓↓

ゴルフスイング上達
様々なシーンで役立つ左脳速読術
モテない男性必見 恋愛成功の秘訣

コメントは停止中です。

▲ ページトップへ