短時間睡眠の秘訣

睡眠時間を短くして質の良い睡眠をとる秘訣を教えます

仮眠と休憩をとり睡眠の質を上げる

2012年6月15日 6:08 PM | 未分類 | コメント非表示

人間は1日に2回の眠気がくると言われています。

昼過ぎでに1度目があり、2度目は夜になります。

この1度目の眠気がきたときに仮眠をとると、

脳の休息となり夜の睡眠の質をあげることができます。

昼の仮眠は夜の睡眠の1、2時間に相当しています。

仮眠は夜の睡眠の質を上げるだけでなく、午後の仕事の能率をあげることもできます。

というものの、とり方を間違えると夜の睡眠にも影響がでてきます。

仮眠をとることにより、身体と脳を休憩させて睡眠のサイクルを整え、

夜の睡眠の質も上げることにつながりますが、寝すぎは禁物です。

仮眠に良い時間はせいぜい5分から20分ぐらいです。

それ以上眠ると仮眠ではなく睡眠となってしまう為、起きる事が辛くなります。

なぜなら、睡眠は90分間の中で、眠りの浅いレム睡眠と深い眠りのノンレム睡眠を

繰り返しています。

そして、最初にノンレム睡眠がありその後熟睡型のレム睡眠となります。

仮眠を長時間とってしまうとノンレム睡眠中に目覚めてしまうことになり

起きた時に余計に頭がボーとしてきます。

レム睡眠の時に目覚める為には、長く寝ても20分までとします。

仮眠を上手にとって午後の時間を有効に過ごし、夜の睡眠の質もあげましょう!

夜の睡眠の質があがる上手な仮眠のやりかたを知りたくないですか?

  ↓↓

モテない男性必見 恋愛成功の秘訣
ゴルフスイング上達 まっすぐ飛ばして飛距離とスコアをアップ
左脳を使った新しい速読法

コメントは停止中です。

▲ ページトップへ