短時間睡眠の秘訣

睡眠時間を短くして質の良い睡眠をとる秘訣を教えます

2012年6月19日のアーカイブ



脳と体を休める睡眠の方法

2012年6月19日 | 未分類 | コメント非表示

人は睡眠時に2つの脳波が出てきます。

その脳波とは浅い眠りのレム睡眠と、深い眠りのノンレム睡眠で、

これは90分の周期で繰り返されています。

脳と体を休める睡眠の方法は、このレム睡眠とノンレム睡眠の睡眠サイクルに関係しております。

レム睡眠とノンレム睡眠にはそれぞれ役割があります。

レム睡眠は体を休める睡眠と言われ、血圧が下がり心拍数が減少してリラックスした状態になります。

肌の美白効果や、怪我の回復等の体の回復を改善するのはレム睡眠中おきているのです。

ノンレム睡眠は脳を休める睡眠と言われ、脳を休ませる事でストレスを解消し、

精神的な安定と心のバランスを整えます。

これは、魚類や両生類にはなく、進化していく段階でできたものになります。

レム睡眠もノンレム睡眠も次の日に疲れを残さない為には、大切な眠りの周期です。

脳と体を休めて気持ちよく目覚める為にも、2つの脳波がしっかりと繰り返される必要があります。

そんな睡眠をとるためには、寝る3時間前までに食事を済ませ、睡眠前にリラックスすることが大事になるのと、

90分の倍数で寝ることが重要になります。

脳と体を休めることができれば、翌朝には、疲れ知らずの身体になりますよ。

心身共に休息できる睡眠方法に変えてみたいと思いませんか?

  ↓↓

ゴルフスイング上達 まっすぐ飛ばして飛距離とスコアをアップ
モテない男性必見 恋愛成功の秘訣
左脳を使った新しい速読法