短時間睡眠の秘訣

睡眠時間を短くして質の良い睡眠をとる秘訣を教えます

2012年6月25日のアーカイブ



胃腸の負担を減らせば睡眠を減らすことができる

2012年6月25日 | 未分類 | コメント非表示

毎日8時間寝ている睡眠を3~4時間減らす事が出来れば、もっと有効に一日を使えますよね。

しかも、睡眠時間を少なくしたのに、身体の調子が良くて朝の目覚めが良くなるとしたら?

なおさら睡眠時間を減らしたくなりませんか?

本当に、そんなことできるの?と思うかもしれませんが、

その睡眠方法は短眠と言われていて、短い睡眠でも1日元気に過ごすことができるのです。

短眠は質の良い眠りを短い時間でする事により、長時間の寝ていた時よりも体調を良くすることができます。

では、質の良い眠りとは?

それは、深い眠りについている時間がしっかりとある事です。

深い眠りとはノンレム睡眠の事で、脳も休息状態になります。

ノンレム睡眠は寝て直ぐに来ることが望ましいのです。

しかし、胃に食物が含まれていると、消化する為にエネルギーを使う為、熟睡の妨げとなります。

寝ているときは、なるべくエネルギーを使わないようにします。

ですので、寝る前3時間は食事を摂らないようにします。

量も8分目ぐらいに抑えた食事が熟睡の為には良いです。

なるべく胃腸の負担を減らすような食事の仕方が、短眠に繋がりますので実践してみてください。

仕事で夜遅くなる人は、夕食量を減らし朝食を増やす等の工夫をしてみる事をおすすめします!

食べる量でも睡眠時間を短縮できます。

寝る前に胃腸の負担を減らして質の良い睡眠で短眠してみませんか?

  ↓↓

ゴルフスイング上達
様々なシーンで役立つ左脳速読術
モテない男性必見 恋愛成功の秘訣