短時間睡眠の秘訣

睡眠時間を短くして質の良い睡眠をとる秘訣を教えます

2012年6月27日のアーカイブ



3時間睡眠の実践方法

2012年6月27日 | 未分類 | コメント非表示

睡眠時間が3時間だけで身体が元気なら、日々の生活で色々出来る事が増えてきますよね。

ですから3時間の短眠はお勧めします。

ただ、睡眠不足にならないように注意が必要となります。

睡眠不足にならず3時間の睡眠だけで元気に過ごす為には、睡眠の質を上げる必要があります。

睡眠の質をあげると言う事は、深い眠りをすると言う事です。

深い眠りをすることができれば睡眠時間が短くても熟睡している時間は変わらないので、大丈夫なんです。

むしろだらだら浅い眠りが続いた状態で寝るよりも、短時間でも深い眠りをする方が疲れはとれます。

この深い眠りと言うのはノンレム睡眠と言われているものですが、ノンレム睡眠中に

脳は休息されて、身体の調子を整えてくれます。

短眠にするためには、寝入り後すぐにノンレム睡眠がくるような体質にする必要があります。

では、そのためにどうるのか?

1つには小食にする事。

食べた物を消化する時は莫大なエネルギーを使います。

睡眠時にエネルギーを使うと熟睡できません。熟睡する為には小食が必須となるのです。

次に日中適度な運動をしてください。

適度な運動をする事で、脳だけでなく体も疲れた状態で寝ることができます。

そして最後に寝る前にリラックスタイムを作り心身共にリラックスした状態で就寝することです。

確かに効果があります!

生活習慣を変えて3時間睡眠を実践してみてください!

短い睡眠で一日を元気にすごしましょう!

  ↓↓

ゴルフスイング上達
様々なシーンで役立つ左脳速読術
モテない男性必見 恋愛成功の秘訣