短時間睡眠の秘訣

睡眠時間を短くして質の良い睡眠をとる秘訣を教えます

徹夜で仕事をよくする人の睡眠リズム

2012年6月29日 | 未分類 | コメント非表示

仕事が忙しく、徹夜続きの人って意外と多いのではないでしょうか。

毎日深夜まで仕事をするので、慢性の睡眠不足で悩んでいる人も多いかと思います。

そんな徹夜が多くなる人にお勧めしたい寝方があります。

それはアンカースリープと言う寝方です。

アンカースリープとは、一度に眠るのではなく、睡眠を小分けして寝るという寝方になります。

人は寝ていると、浅い眠りのレム睡眠と、深い眠りのノンレム睡眠というサイクルで寝ています。

浅い眠りの時は体だけが眠っている状態で、ノンレム睡眠時には大脳までが休息に入ります。

身体の疲れをとるためには、ノンレム睡眠がとても大事になります。

ノンレム睡眠は寝始めの頃に沢山あります、そして、夜明けにかけてレム睡眠のほうが多くなり、

浅い眠りになっていきます。

アンカースリープは、リズムを整える為に同じ時間に睡眠をとる必要があるので、

午前0時から5時の間に、4時間ぐらいの睡眠をとるようにします。

この4時間くらいで質の良いノンレム睡眠をとります。

そして足りない睡眠は、昼間の3時ぐらいまでに、15分から20分ぐらいの仮眠を数回とる事で補っていきます。

徹夜続きで睡眠不足に悩んでいるなら、

この睡眠リズムで徹夜仕事を無理なく乗り切りましょう!

短い時間で質の良い睡眠をしたい方はコチラ

  ↓↓

ゴルフスイング上達
様々なシーンで役立つ左脳速読術
モテない男性必見 恋愛成功の秘訣

14 / 30« 先頭...510...14...152025...最後 »

▲ ページトップへ