短時間睡眠の秘訣

睡眠時間を短くして質の良い睡眠をとる秘訣を教えます

短い睡眠時間でも疲れない

2012年6月13日 | 未分類 | コメント非表示

短い睡眠のことを短眠といいます。

まぁ、読んで字のごとくですね。

短眠で疲れがしっかりととれるなら嬉しいと思いませんか?

普通に考えるれば睡眠時間は長い方が疲れがとれると思います。

しかし、実は睡眠時間が長ければ長いほど身体に良いと言うのは、

間違っている考え方なのです。

睡眠時間が長くなると、レム睡眠の時間が長くなり、余計に体に負担がかかってしまうのです。

短い時間で熟睡をした方が数倍もすっきりとした寝起きとなるのです。

ですが、ここで注意です!

短眠と睡眠不足はけっして同じではありません。

あくまで「短眠」なので、無理して頑張って睡眠時間を減らしても、質の良い眠りにはなりません。

無理して睡眠時間を減らせばそれこそ今度は睡眠不足となってしまします。

無理せず質の良い短眠にする為にはいくつか実践して欲しい事があります。

まず、1つ目は寝る直前には食べ物を摂取しないこと!

胃に食物が入っていると消化にエネルギーが注がれ寝つきが悪くなります。

2つ目に就寝時間、起床時間をしっかりと決め規則正しくすること!

そうすることで、身体のリズムを整えます。

そして、最後に寝る前のテレビやパソコンは極力避けて、ストレッチ等で

脳をリラックスした状態にします。

以上の事を守りぜひ質の良い短眠で、疲れにくい身体にしてください。

短い睡眠でもスッキリと目覚めてみたいと思いませんか?

  ↓↓

左脳を使った新しい速読法
ゴルフスイング上達 まっすぐ飛ばして飛距離とスコアをアップ
モテない男性必見 恋愛成功の秘訣

29 / 30« 先頭...51015...29...30...最後 »

▲ ページトップへ