短時間睡眠の秘訣

睡眠時間を短くして質の良い睡眠をとる秘訣を教えます

受験も短眠睡眠を取り入れる

2012年7月7日 | 未分類 | コメント非表示

受験生の人は、時間がいくらあっても足りないぐらい、1分1秒でも人より多く

勉強をしたいと言う思いがあるのではないでしょうか。

そこで受験生の人にも最近話題の短眠睡眠を、ぜひ実践して少しでも多く勉強してもらいたいです。

短眠睡眠は睡眠時間を減らすことです。

睡眠時間を減らすと寝不足となり、余計に集中できなくなり勉強できないと思うかもしれません。

だけど、睡眠量を減らしても、ちょっとしたコツで睡眠の質を落とさず、今まで以上に

集中して勉学に励むことができるのです。

そのコツですがまずは深夜の0時から5時を含んだ6時間は、必ず寝るように心がけます。

この時間は成長ホルモンがでますので、睡眠をとる事で、睡眠リズムが崩れません。

睡眠リズムとはレム睡眠とノンレム睡眠のリズムで、90分の周期になっています。

ノンレム睡眠は眠りが深く、脳を休ませる睡眠です。

レム睡眠は脳ではなく体が眠る睡眠となります。

どちらの眠りも重要で、身体の調子を整えてくれるのはノンレム睡眠で、

記憶力に働きかけてくれるのがレム睡眠になります。

さらに日中眠くなったら、眠りを我慢せず、午後3時までに15分から20分程の仮眠をとってください。

仮眠をとる事で勉強の効率が上がります。

睡眠の質を上げる短眠睡眠をぜひ受験勉強に、取り入れてください!

以下で入手できる無料レポートを読んで、是非、短眠を実践してください!

  ↓↓

ゴルフスイング上達
様々なシーンで役立つ左脳速読術
モテない男性必見 恋愛成功の秘訣

6 / 30« 先頭...5...6...101520...最後 »

▲ ページトップへ